いまから29年前のこと――武蔵野社長・小山昇は毎晩悩んでいた。
まわりは暴走族上がりの落ちこぼれ社員ばかり。「勉強しろ」「すぐやれ」と言っても絶対やらない。勤務形態も超ブラック。1989年社長就任時の売上は7億円。「このままいくと武蔵野は危ない」と誰もが思っていた。小山が「日本経営品質賞」を狙うと宣言したとき、みんながせせら笑った。
しかし、2000年度、2010年度に日本で初めて「日本経営品質賞」を受賞すると運命が一変!
JR新宿駅直結のミライナタワーにセミナールームをオープン。経営サポート事業が軌道に乗り、指導企業は700社を超え、倒産企業はゼロ、5社に1社は過去最高益。直近売上は70億円、経常利益は6億3000万円、売上高経常利益率は9%(販促費8億4900万円を計上しているので、実質売上高経常利益率は21%)。
売上7億円を70歳で70億円にした小山昇が、社長就任以来大切にするのが「数字は人格、お金は愛」という経営哲学だ。これは一体どういうことか?
本日「日経新聞」に掲載された注目書籍『お金は愛――人を育てるお金、ダメにするお金』に際し、記者が小山氏を直撃した。すると……
「みんな【お金は愛】という意味を勘違いしている。名経営者と謳われたカルロス・ゴーンもカネの魔力に溺れた。いまこそ、“生き金”と“死に金”のほんとうの意味を知っておかないと、社長も社員も路頭に迷うことになる。
この緊急事態を受け、今回、経営や仕事だけでなくプライベートのお金の話にも深く踏み込んだ。武蔵野の話に加え30社超の事例も載せた。これまで一切触れてこなかった、お金と給料、お金と人材、お金と社員教育、お金と経営、お金と金運、お金と時間、お金と遊び、お金とお酒、お金と夫婦、お金と子育て、お金と家、お金とマナー、お金と健康などをすべて出し尽くした。“生き金”と“死に金”の分水嶺と、人を育てるお金、ダメにするお金の本質を知ってほしい」という。
NHKでも特集された「ゴーン・ショック」の年の瀬。なぜいま、“お金は愛”なのか。その真意を小山社長に語っていただこう。(構成:寺田庸二)。

1円玉こそ大きな価値

小山 昇(こやま・のぼる)
株式会社武蔵野代表取締役社長
1948年、山梨県生まれ。東京経済大学卒。「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を16年連続増収の優良企業に育てる。現在「数字は人格、お金は愛」をモットーに、700社以上の会員企業を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか年240回以上の講演・セミナーを開催。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞(2000年度、2010年度)。
『数字は人格』 『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』『強い会社の教科書』『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』『残業ゼロがすべてを解決する』『1日36万円のかばん持ち』などベストセラー多数。

 新宿駅に1円玉が落ちていました。
 俗説によると、1円玉を拾うために腰をかがめて立ち上がるときに使うエネルギーには、1円以上のコストがかかっているとか。

 つまり1円玉を拾うと赤字です。

 さて、みなさんなら落ちている1円玉をどうしますか?

 私は躊躇なく立ち止まって拾います。

 その動作で赤字になろうと関係がない。

たとえ1円玉であろうと、
お金を大事にしない人は
お金から愛されません。

 1円玉は価値が低い、
 1万円札は価値が高いと身分に差をつけた扱いをしていては、
底の浅い人間性をお金に見透かされてしまう。

 お金と仲よくしたければ、
 いくらであろうと大切に扱うのが基本です。

 新宿駅(JR、京王、小田急、東京メトロ、都営地下鉄)の1日平均乗降者数は約353万人(2017年)。

 世界一多い駅でお金を拾うのは、とてもラッキーなことです。

 たとえ1円でも、そのツキを逃してしまう人のもとには別のチャンスがやってこない。
 小さなツキを積み重ねてこそ、大きなツキを呼び込む土台ができます。