非常に高額なのに、最高競争率316倍!
いま、この日本で、宝くじのように当選するのが難しいサービスが存在することを、あなたはご存じだろうか?
JR九州。正式名「九州旅客鉄道株式会社」。名前だけ聞くと、旧態依然の鉄道会社のイメージを持つかもしれない。
だが、この会社の「あるサービス」がひそかに感動の輪を呼んでいる。
東京だけで暮らしているとわからない。でも、九州に行くと景色は一変する。
その名は、クルーズトレイン「ななつ星 in 九州」(以下、ななつ星)。いまや「世界一の豪華列車」と称され、高額にもかかわらず、2013年の運行開始以来、予約数が定員をはるかに上回る状態が続いている。なんと、DX(デラックス)スイート(7号車の最高客室)の過去最高競争率が316倍というから驚きだ。昨年11月の『日経MJ』には、「ブランド作りとは世界の王でも断る覚悟」と題して、そのフェアな抽選システムが新聞一面に紹介された。
だが、驚くべきは、「ななつ星」だけではない。
この会社、バリバリの鉄道会社なのに、売上の6割は鉄道以外の収入で、8年連続増収なのだ。
かつてこんな会社があっただろうか?
JR九州を率いるのは唐池恒二氏。8月27日、韓国と九州を結ぶ真っ赤な新型高速船「クイーンビートル」を2020年8月に就航すると発表。子どもから大人まで博多と釜山の優雅な旅を満喫できるという。さらに、7月には、中国・アリババグループとの戦略的資本提携を発表。2020年の東京オリンピックを控え、ますます九州が熱くなりそうだ。
記者は、この20年、数々の経営者を見てきたが、これほどスケールの大きい経営者はほとんど見たことがない。
1987年の国鉄分割民営化の会社スタート時は、JR北海道、JR四国とともに「三島(さんとう)JR」と称され、300億円の赤字。中央から完全に見放されていた。
それが今はどうだろう。高速船、外食、不動産、建設、農業、ホテル、流通、ドラッグストアなど売上の6割を鉄道以外の収入にして8年連続増収。37のグループ会社を率い、2016年に東証一部上場、2017年に黒字500億円を達成。今年3月1日の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)でも、逆境と屈辱から這い上がってきた姿が紹介された。
今回、再現性のあるノウハウ、熱きマインド、破天荒なエピソードを一冊に凝縮した、唐池恒二氏の著書『感動経営』が発売たちまち4刷。今回、書籍の中から、編集部でまとめた記事を特別公開する。(構成:寺田庸二)

トヨタ社長のエピソード

 トヨタ自動車(以下、トヨタ)の豊田章男社長に先日お目にかかった折のこと。
 世界的企業の創業家社長にして、まるで野球のプレイングマネージャーのようだと日ごろから興味深く拝見していたが、はたして魅力的な人だった。

 2009年から翌年にかけて、トヨタは米国内で一連の大規模リコールを行った。
 ご存知のとおり、豊田社長は、米下院の求めにより開かれた公聴会に直接乗りこみ、みずから説明を行い、「より透明性のある、顧客の安全を最優先課題に掲げる会社に再生するよう全力を尽くす」という言葉で説明した。

 この公聴会を境に事態は沈静化していくことになる。

 このときのことを豊田社長が話してくれた。

 じつは、ある共和党の議員からアドバイスをもらったという。
 議員は、いったという。

「公聴会の本番では、アメリカ国民に正々堂々とあなたの正しさを伝えたらいい」

 公聴会の時点では、真相はまだ明瞭ではなく、さらにいえば真相にかかわらず、トヨタは米国で大きく失点する可能性があった。

 うまくいった理由は、アメリカ法人だけに任せず、何より日本本国から直接トップが出向いたことだったんですよと、豊田社長は思い出を嚙み締めるように穏やかな口調で話してくれた。

 ドラッカーの言葉をもう一度。

「経営管理者が学ぶことのできない資質、習得することができず、もともともっていなければならない資質がある。才能ではなく真摯さである」

☆ps.
 今回、過去最高競争率が316倍となった「ななつ星」のDX(デラックス)スイート(7号車の最高客車)ほか、「ななつ星」の客車風景を公開しました。ななつ星の外観やプレミアムな内装の雰囲気など、ほんの少し覗いてみたい方は、ぜひ第1回連載記事を、10万PVを突破した大反響動画「祝!九州」に興味のある方は、第7回連載もあわせてご覧いただければと思います。