ふるさと納税の具体的な申し込み方法はさまざまなサイトで詳しく説明されているので今回は割愛して、ここからは年末までに同制度を利用する際の注意点を述べることにします。

12月末前に締め切る自治体も!
返礼品に迷ったら「ポイント制」がおすすめ

 冒頭でも述べたように個人の税金(所得税・住民税)に関する計算は、歴年で行います。つまり、ふるさと納税についても、年内に寄付を完結する必要があります。

「年内の寄付」として認められる期間(期限)は各自治体で異なっているうえ、入金方法によっては年内申し込みであっても翌年分になるケースがある点は特に注意しておきたいところです。銀行振り込みでも12月の早い段階で年内の申し込みを締め切るケースもあります。

 そこで決済に関しては「クレジットカード」にすることをおすすめします。大半の自治体はクレジットカード決済ならば、12月31日まで今年分として受け付けているからです。

 12月31日まで受け付けてくれるとはいえ、12月は「師走」とも呼ばれるように何かと忙しいものです。モタモタしているとあっという間に年の瀬を迎えることになり、ゆっくりと返礼品を選んでいられない人もいるはず。返礼品選びは早めに行っておくか、返礼品選びを翌年に持ち越すことができる「ポイント制」を導入している自治体に寄付を行うのも一考です。

 ポイント制であれば、一度に大量の返礼品が届くことを防ぐことができ、また季節ごとに旬の返礼品を楽しむこともできます。地域の特産品だけではなく、ポイントを旅行に利用することもできるため、ポイント制度で寄付を行い、年末年始は家族で来年の旅行の計画を立てるという利用の仕方もできます。また、ポイントは年をまたいでためることもできます。2年分のポイントを合わせて、高額な返礼品を狙うという方法もあります。