生活費口座は、給与振込口座とは別に設けること。生活費以外の各自の支出は、自分の給与振込口座から使う。そのために「自分用」のクレジットカードを作り、給与振込口座から決済するといい。

 共働き夫婦の支出動線は、複雑に絡み合っていることが多く、支出状況を把握できずにストレスを感じている妻が多い。動線をすっきりと整理するだけで、格段に貯められるようになったカップルを何組も見てきた。ぜひ、実践してほしい。

オートチャージ機能は
お金の使いすぎのモトになる

深田晶恵さんの新刊『サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65~給料、年金、退職金、副業、パート収入、病気、出産で使える!』が小社より好評発売中です。「手取り」を増やすための実践的な方法を解説、「サラリーマンの手取り年収早見表」「年金の手取り早見表」「個人型DC iDeCoの節税額早見表」付き!

 Suicaやpasmoといった交通系電子マネーは、サインも不要でピッとかざすだけで支払いができるので、とても便利。私も日常的に使っている。注意したいのは「使いすぎ」だ。

 電子マネーは利用明細が送られてくるわけではない。券売機等で利用明細を発行しない限り、何にいくら使ったのか振り返る機会がない。明細はともかく、月にいくら電子マネーで決済しているのか、金額くらいは把握しておきたい。

 使いすぎを防ぐには、「チャージするのは月末と月中の2回だけ。1回に付き○○円」など、予算を決めてマイルールを作るのが効果的だ。

 一定残高以下になると自動的にクレジットカードでチャージされる「オートチャージ機能」は、便利だが使いすぎの原因になる。オートチャージを利用しても1ヵ月の予算をオーバーしない人でない限り、使わないのがいい。

 ちなみに私は、現金でチャージしている。オートチャージにすると、エキナカでちょっと高いお弁当やスイーツなどをちょこちょこ買う衝動を抑えられない気がするからだ。

 来年以降、さらに話題を集めそうなQRコードやApple pay、LINE payなどといったスマートフォンを使った決済方法は、私自身がまだ様子見の状態なので、これらについては、実際に使ってみてからコメントをしたいと思っている。

(株式会社生活設計塾クルー ファイナンシャルプランナー 深田晶恵)