WSJの取材で明らかになったのは、報酬過少記載などに対する非難とゴーン氏による日産長期支配への根深い不満が絡み合っている姿だ。