“学生寮”と聞くと、六畳一間で薄い壁、共用トイレでプライバシーはなくても仲間がいる…そんな自分の学生時代を思い出してノスタルジックな気分に浸る読者もいることだろう。しかし、そんな時代も今は昔。現代の学生寮は、個室家具付きは当たり前、カフェテリアやトレーニングジムなど、充実の設備を備えているところまであるという。かつてのイメージを覆す、学生寮最新事情に迫る。(清談社 真島加代)

フィットネスジムにジャグジー
至れり尽くせりの学生寮

フィットネスジムやジャグジーも整備されている、拓殖大学八王子国際キャンパスの学生寮
防犯カメラ設置や、オートロックなどは当たり前。寮生専用のフィットネスジムやジャグジーなど、共用部も驚くほど充実している(拓殖大学八王子国際キャンパスの学生寮「カレッジハウス扶桑」)

 緑豊かな学園都市、東京都八王子市にある拓殖大学八王子国際キャンパス。同キャンパス敷地内に2012年にオープンした学生寮「カレッジハウス扶桑」は、学生からの人気が高く、さまざまなメディアにも取り上げられているイマドキ学生寮の筆頭だ。ちなみに、同寮は借地満了を迎える30年後、運営元の株式会社ジェイ・エス・ビーから大学側に無償で譲渡されることでも注目を集めている学生寮だ。

 寮生それぞれに与えられる個室は、キッチン付きでバストイレ別。デスクや収納などの家具をはじめ、洗濯機や冷蔵庫などの生活家電、ネット回線も設置されている。とくに、セキュリティー面のこだわりは、並々ならぬものがあるという。

「防犯カメラが設置され、カードキーによるオートロック仕様のエントランス。各戸にはモニター付きインターフォンを取り付け、個室は暗証番号の入力でドアの開閉を管理しています。学生が求めるプライベート空間と、親御さんが気になるセキュリティー面、双方を満たせるように配慮しています」(株式会社ジェイ・エス・ビー広報)

 さらに驚きなのが、寮生向けの共用部の充実ぶりだ。管理栄養士が監修する食事が食べられる食堂や、寮生専用のフィットネスジムなどの設備のほかに、大浴場にはジャグジー風呂とサウナまで設置されているのだ。