ビットコインPhoto:Reuters

 ビットコインは果たして、熱狂的な買いで急騰した2017年の高い期待に応えられるか。2018年初頭の大きな問いは、明らかな「ノー」を突きつけられて1年を終えたようだ。

 2017年に記録した1400%近い値上がりから一転、ビットコインは2018年におよそ7割値下がり。1600億ドル(約17兆5000億円)程度の時価総額が吹き飛んだ。その急落ぶりは、芽吹きつつある仮想通貨市場の足元がまだいかにおぼつかないかをさらけ出した。米金融大手による参入の動きも見られたが、詐欺行為が横行しており、ビットコインやこれを支える「ブロックチェーン(分散型台帳技術)」技術の具体的な用途も、まだほとんど生まれていない。

 ベンチャーキャピタル会社プレースホルダーのパートナーで、仮想通貨に関する著作もあるクリス・バーニスキ氏は「ビットコインが6000ドルを割り込んだ際、多くの人が顔にパンチを食らった」と述べる。「ハッとさせられた瞬間だった」

 多くの投機筋が排除された今、仮想通貨はこれからどこに向かうのか?

 2017年は金儲けが優先され、仮想通貨技術の開発が二の次になった。仮想通貨の次の時代は、「この技術をいかに人々が使う製品へと変えるかになる」。こう語るのは、新興企業向けに仮想通貨技術を使った資金調達(ICO)プラットフォームを提供する「コインリスト」の創業者、アンディ・ブロムバーグ氏だ。

 ベンチャーキャピタル会社、フューチャー・パーフェクト・ベンチャーズの創業者兼マネジングディレクターのジャラク・ジョバンプトラ氏は今年、仮想通貨技術の活用を模索する新興企業などに改めて注目が集まると予想する。