取調室の様子
写真はイメージです Photo:PIXTA

昨年12月8日、外国人労働者の受け入れを拡大する改正入国管理法が成立した。そこで危惧されているのが外国人犯罪の急増だ。そこで欠かせないのが、警察や検察、裁判所での「司法通訳」だ。そこでDOL特集「隣の中国人 “ディープチャイニーズ”たちの肖像」では、中国人犯罪が全盛期だった90年代に司法通訳として活躍、今はテレビなどにも出演しているジャーナリストの周来友氏に、当時を振り返ってもらった。(ライター 根本直樹)

警察も危惧する
外国人犯罪の急増

 昨年12月8日、外国人労働者の受け入れを拡大する改正入国管理法が成立。政府は今後5年間で最大35万人程度を目安に海外から単純労働者を受け入れる方針だという。

 これにより危惧されているのが外国人犯罪の急増だ。

 警視庁組織犯罪対策部の関係者は「我々が怖れているのは、荒っぽい中国人による犯罪が激増した90年代の再来だ。あの時代は中国人だけ相手にしていればよかったからまだ対応できたが、今回は複数の国から労働者が押し寄せることになる。確実に犯罪は増える。しかし異なる多くの言語に対応する能力が警察にはあるのか。不安しかないね」と語る。