「サントリー天然水」(左端)が、コカ・コーラの「ジョージア」を抜き、国内飲料水市場で28年ぶりの首位交代劇が起きた。その深層は――
「サントリー天然水」(左端)が、コカ・コーラの「ジョージア」を抜き、国内飲料水市場で28年ぶりの首位交代劇が起きた。背景にはコーヒー市場の“乱戦”も―― Photo:SUNTORY、Akira Yamamoto

 水がコーヒーを抜き、ついに首位に――。

 国内清涼飲料水市場のブランドにおける首位争いで、逆転劇が起こった。コカ・コーラのコーヒーブランド「ジョージア」が1990年から28年間トップに君臨していたのだが、2018年の年間販売数量でサントリー食品インターナショナルの「サントリー天然水」ブランドが抜いたのだ。

 サントリー天然水は、16年、17年にはすでに年間販売数量で1億ケースを超えていた。そして、18年には前年比109%で過去最高の1億1,730万ケースを達成した。一方のジョージアの年間販売数量は1億940万ケース(飲料総研調べ)。その結果、およそ800万の差で28年ぶりの首位転落を許したことになる。水のブランドが国内一位になったのはこれが初めてのことだ。

 安全に飲める水道水が普及している日本だけに、かつては、金を出して水を購入することに抵抗がある消費者もいた。しかし、それははるか昔の話で、今やミネラルウォーターの市場は伸び続けている。1990年に1.6リットルだった日本の一人当たりのミネラルウォーターの年間消費量は、17年には28.4リットルへと激増(日本ミネラルウォーター協会調べ)。市場規模も10年度には2100億円程度だったが、16年度には3000億円に近づいている(矢野経済研究所調べ)。