東京海上ホールディングスの次期社長の小宮暁氏(写真右)と、東京海上日動火災保険の社長に就く広瀬伸一氏 Photo by Masaki Nakamura

 経営者が組織運営の軸をどこに置いているのかが、よく分かるトップ人事だった。

 東京海上ホールディングス(HD)は21日、永野毅社長が6月に代表権のない会長に就き、小宮暁専務が社長に昇格する人事を決めた。HD傘下の東京海上日動火災保険は、広瀬伸一HD専務が一足早く4月に社長に就く予定だ。

「組織を統率するには誠実さと、それに基づく人望がやはり必要なんですよ」

 永野社長は以前から、組織のトップに立つ人物の条件について、そう周囲に語っていた。

 6年間にわたって組織のかじ取りを担う中で、見えてきたのは「10年、20年事業が続けばいいのであれば、俺についてこいという人物を選んだかもしれないが、100年続けるとなるとインテグリティ(誠実さ)がやはり求められる」ということだった。

「(小宮氏を)後任に選んだ理由は誠実さ。彼はスーパー誠実。どの国どの人種の人であっても、そう思わせる力がある」