東大生が「幅広い教養を身につけるため」に読んでいる本1~20位

1位
『正義論』ジョン・ロールズ 著 川本隆史、福間聡、神島裕子 訳/紀伊國屋書店

2位
『一般意志2.0』東浩紀 著/講談社

3位
『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』加藤陽子 著/朝日出版社

4位
『銃・病原菌・鉄 上』ジャレド・ダイアモンド 著 倉骨彰 訳/草思社

5位
『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください』井上達夫 著/毎日新聞出版

6位
『戦争まで』加藤陽子 著/朝日出版社

7位
『銃・病原菌・鉄 下』ジャレド・ダイアモンド 著 倉骨彰 訳/草思社

8位
『認められたい欲望と過剰な自分語り』牧野篤 著/東京大学出版会

9位
『「フクシマ」論』開沼博 著/青土社

10位
『サピエンス全史 上』ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田裕之 訳/河出書房新社