散らかっている部屋
片づけない夫や妻にイラついている人はとても多いようです Photo:PIXTA

家事代行サービス「タスカジ」の中でも、“予約の取れない家政婦”として大人気の「家族の片づけコンサルタント」seaさん。22年に及ぶ家事代行サービス歴で身につけた整理収納術で、家族と住まいの問題に切り込みます。今回は、「片づけ上手と片づけ下手がストレスなく一緒に暮らす方法」がテーマ。片づけ上手な人と片づけ下手な人の組み合わせの夫婦だと、多くの場合、夫婦間がギスギスしてしまうものですが、その問題を解決する方法をseaさんが明らかにします!

「片づけ上手」×「片づけ下手」の
夫婦間で生まれる4つの不満パターン

「家族の片づけコンサルタント」のseaです。家事代行サービス「タスカジ」に登録して毎日のようにいろいろなご家庭に伺い、整理収納や片づけ、掃除を代行しています。

 たくさんの家庭を見てきた中で、「片づけ上手な人」と「片づけが苦手な人」という組み合わせのご夫婦は少なくありません。「片づけて」と要求する方とされる方に分かれていたり、夫婦間で片づけの役割が固定したりしている場合、双方がストレスを溜めてしまう傾向にあります。

 そこでまずは、家庭内で起こりがちな、片づけに関するいさかいのパターンを4つほど挙げてみましょう。

【A:出しっぱなしが不満】

 部屋には何も物が出ていない状態にしておきたいのに、夫(あるいは妻)が使った文具や読んだ本、届いた郵便物などを出しっぱなしにしている。それを見ると気が散ってしまい、心からリラックスできないという不満。出しっぱなしの状態を責められる方は、物がある程度出ていてもあまり気にならないので、どうしてそこまで言われなくてはならないのか、納得がいかないことが多いようです。

【B:モノが増えるのが不満】

 整理できないまま次から次に新しい物が増えて、家の中のスペースがどんどん埋まっていくのを腹立たしく感じるという不満です。一方、責められる方は、空いているスペースがあるのだから少しくらい物が増えてもいいじゃないか、という気持ちを持つようです。