交番などで警察官を襲撃する事件は、動機のほとんどが拳銃を奪うのが目的とされる
交番などで警察官を襲撃する事件は、動機のほとんどが拳銃目的とされる Photo: PIXTA

昨年、富山市と仙台市で交番襲撃が相次ぎ、警察官2人と民間人の計3人が殺害された。今年になって再び、富山市の駐在所と東京・歌舞伎町の交番で警察官が襲われる事件が続発した。交番などで警察官を襲撃する事件は、動機のほとんどが拳銃目的とされる。ひとたび拳銃が奪われ、自暴自棄になった襲撃犯が通り魔となれば、無差別大量殺人事件につながりかねない。また今回、駐在所には警察官の家族が居住しており、警察官が巡回などで外出していて家族だけが在宅だった場合、家族が襲われていた可能性もあった。一方で全国の警察本部は襲撃犯対策を強化しており、今年の2件も制圧・撃退に成功。対策に効果が出ていると指摘もある。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

拳銃狙った大学生の犯行

 富山市の事件は警察発表などによると、1月24日午後3時頃、富山市池多の富山西署池多駐在所で発生。山本宏樹巡査部長(30)が長さ30センチ、重さ1.3キロのハンマーや長さ13センチのナイフを持った富山大生の前田将輝容疑者(22)に襲われた。

 山本巡査部長が巡回に出掛けようとしていたところ、前田容疑者が「携帯電話を拾った」と届けに来たように装い、書類を作成していた山本巡査部長の頭をハンマーで殴り、さらにナイフで切りつけたとされる。

 山本巡査部長は頭や顔に打撲、左手に切り傷を負いながら前田容疑者を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。通行人に110番を依頼し、富山西署員が駆け付けた。山本巡査部長は顔面を血だらけにしながら、前田容疑者を必死に取り押さえていた。

 山本巡査部長が着用していた耐刃防護服や制服にはナイフで切られた痕が複数あり、前田容疑者に強い殺意があったことが認められる。しかし、山本巡査部長は逮捕術の特別訓練員で、負傷しながらも複数回、投げ飛ばすなどして制圧していた。

 前田容疑者は「拳銃を奪って自殺するつもりだった」と供述。駐在所近くに乗り付けた自転車のかごにバッグがあり、中にはロープが入っていた。拳銃強奪に失敗しても、ロープで首つり自殺するつもりだったとみられる。