ご存じの通り、昨年の夏の甲子園大会は超高校級の選手を揃え2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭と無印ながらエース吉田の奮投で勢いに乗って勝ち上がった金足農業(秋田)が決勝で対決し、全国の野球ファンを沸かせた。

 軍配は地力に勝る大阪桐蔭に上がったが、その中心にいたのが根尾だ。大阪桐蔭はこの3年間で春2回、夏1回の3回全国優勝しているが、根尾は春の2回で優勝投手になっている。昨夏の選手権こそ優勝投手を柿木に譲ったが、投げてよし打ってよし守ってよしと野球センス抜群。おまけに真面目で学業の方も優秀ということで話題になった。ドラフトでは最多の4球団からの1位指名重複となり、出身地岐阜に近い中日が交渉権を引き当てた。中日ファンが期待するのも当然で、キャンプでは熱い視線を集めている。

 甲子園では根尾と同様、注目されたのが吉田だ。ドラフトでは重複指名こそなかったものの1位で日本ハムに入団。そして優勝投手の柿木も5位指名で日本ハムが獲得した。甲子園の優勝投手と準優勝投手が揃って入団したのだからすごいことだ。

 球団もその関係性が話題になることを心得ていて、合同自主トレでも吉田と柿木がキャッチボールなどをするようにしたし、キャンプイン(2軍)2日目にはともにブルペン入りし隣り合わせで投球練習を行った。当然、2人には競い合って向上する気持ちが生まれるだろう。そのうえファンもそれを期待して注目するわけだ。日本ハムのドラフト戦略は巧みだといわれるが、今回もさまざまな効果を得られる新人獲得だったといえる。

 根尾と並ぶ4球団重複指名を受けた小園(報徳学園)は広島に入団。それに次ぐ3球団競合となった藤原はロッテに入った。昨年のドラフトは12球団中11球団が甲子園で活躍した高校球児、根尾、小園、藤原をいの一番に獲得しようとしたわけだ。加えて吉田と柿木がいた。

 甲子園で名を上げた選手のプレーは野球ファンの記憶に残る。テレビ中継される機会が少ない大学や社会人の選手とは違い親近感もある。あの球児はプロで通用するのか、という興味も球団を超えて湧く。今年のキャンプの注目度が高いのは、高校球児が豊作だった翌年ということもあるはずだ。