「総雇用者所得が増えた」のは女性や非正規の就労数が増えたから。賃金は低下した
写真はイメージです Photo:PIXTA

 毎月勤労統計の不正調査発覚を機に、国会で、実質賃金を巡る議論が続いている。

 野党は、「実質賃金の伸びはマイナスだから、アベノミクスは失敗した」としている。

 それに対して、安倍晋三首相は、「総雇用者所得が増えているから、アベノミクスは効果を上げている」と主張している。

 総雇用者所得が2018年に急に増えたのは事実だ。しかし、それは女性の非正規就業者数が増えたからだ。それによって平均賃金が押し下げられた。

 だから、総雇用者所得の増加は、望ましい結果をもたらさなかったことになる。

 なおこれは、配偶者特別控除が拡大されたことの影響と考えられる。したがって、1回限りの効果だ。