物流の効率化
写真はイメージです Photo:PIXTA

 仮想通貨の基礎技術であるブロックチェーンの利用は、金融分野が中心と思われている。しかし、物流の効率化にも大きな意味がある。

 すでに多くのプロジェクトが発足しており、物流業界を塗り替えようとしている。

 実際の応用としては、金融より物流が先行している感がある。

現在のサプライチェーンは
著しく不透明だ

 ネットで購買すると、最近では配送状況をメールで知らせてくれる。ただし、これは、単一企業がすべてを管理している場合で、しかも、システムをデジタル化している場合だ。

 実際の物流には、多数の企業が関与している。

 とくに、衣類や食料品、ブランド物などのような世界的な商品の場合には、世界各地で輸出業者、輸入業者、保険会社、税関職員、ターミナル・オペレーター、貨物取扱業者、運送業者など、さまざまな関係者が関与する。

 このため、物流のすべての過程を適切に管理することは容易でない。