企業の失態がSNSで拡散されるようになっていることを受け、大手ブランドは「炎上」の影響に対処する新たな手だてを講じる必要に迫られている。