30万部を突破した『会話もメールも英語は3語で伝わります』の続編連載!英語は「主語→動詞→目的語」の3語でOK!

本連載では、「日本人にありがちな英語」と「3語の英語」を対比させ、「どこをどう考えれば、3語の英語になるのか」を徹底解説します。「3語の英語」の発想が身につくだけでなく、話すための英文法もインプットされます。

「日本人にありがちな英語」は間違っているわけではありません。しかし、「3語の英語」の発想を持つことで、もっと英語がラクになり、話すことが楽しくなります。

最新刊『英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】』の著者である中山裕木子氏が、そのエッセンスをやさしく語ります。

「メールします」を短くシンプルに言うと?

 本日も「日本人にありがちな英語」を「3語の英語」に組み立て直す練習をしていきましょう。さっそくですが、次の日本語を英語にしてください。

「彼にメールします」

多くの場合、次のような英文にしてしまいがちです。

× I’ll send him an email.

中山裕木子(なかやま・ゆきこ)
株式会社ユー・イングリッシュ 代表取締役。公益社団法人日本工業英語協会 理事・専任講師。英検1級・工業英検1級取得特許翻訳者
2000年、特許事務所で電子・電気、機械の特許明細書の日英翻訳を開始し、テクニカルライティングに出合う。2001年に工業英検1級取得。首位合格により文部科学大臣賞を受賞。2015年6月、TEDxKyotoUniversityでSimple English for Everyone (シンプル英語のススメ)と題したスピーチをする。気後れせずに皆が英語を使える日本を目指して、「伝わる英語を身に付ける」をモットーに、企業・大学などで指導を続ける。

 「メールします」にsendを使うと、send him an emailとなり、SVOOの構文となります。「him」と「an email」がOです。

 目的語が2つ登場すれば、名詞の判断が増えます。「メール(email)」は数えるのかどうかを考えなくてはなりません。しかし便利な動詞を知っていれば、よりコミュニケーションがラクになります。

 名詞のように思える単語が、動詞でも使えることが英語では多くあります。メールには、パソコンを使って送るメール(email)以外に、携帯電話を使って送る「文字データ」のメールやSNSで送る「メッセージ」などもあります。それぞれの単語は名詞だけでなく、動詞としても使うことができます。

「3語の英語」にしよう

(1)私 (2)メールする (3)彼

 emailを「メールをする」という動詞で使うことができます。

 I’ll email him.

「メールする」を表す動詞であるemail以外では、「(携帯電話で)メールする」を表すtext、「(SNSで)メッセージを送る」を表すmessageがあります。さらには「ネット検索する」を表すgoogle(動詞)や、「スカイプで話す」を表すskype(動詞)などもあります。例文を紹介します。

I’ll email you.(メールしますね)

I email my clients every day.
(毎日お客様とメールのやりとりをしています)

I’ll text him.(後で彼に携帯メールしておきます)

Message me.(SNSや携帯などでメッセージを送って)

I googled the company.(その会社をネットで調べました)

We’ve just Skyped our colleague in Tokyo.
(先ほど、東京支店の同僚とスカイプで話しました)