海底Photo:PIXTA

 世界のインターネット回線を巡る米中の覇権争いに新たな戦線が開かれた。今回の交戦地は海の底だ。

 米国は中国の華為技術(ファーウェイ)によるスパイ活動を警戒し、次世代移動通信システム「5G」から同社を排除しようと大々的な作戦を仕掛けている。一方で、ファーウェイは世界のほぼ全てのインターネットデータを伝送する海底ケーブル網に食い込もうとしている。

 現在、使用中の海底ケーブル(海底に敷かれた光ファイバー線の束)は約380本ある。それが大陸をまたぐ音声・データトラフィックの約95%を伝送しており、ほとんどの国の経済や国家安全保障に不可欠な存在となっている。