米配車サービス大手リフト
Photo:Reuters

――筆者のジェームズ・マッキントッシュはWSJ市場担当シニアコラムニスト

 ***

 一般投資家はよく、有望な企業がすべて非公開のままであり、株式購入の機会が与えられていないと不満をもらしていた。だが、願い事をする時は慎重になるべきだ。

 現在、ハイテク分野のユニコーン企業(評価額が10億ドル以上の新興企業)が新規株式公開(IPO)に殺到しており、一般投資家は突然、資金を投じるか否かの選択を迫られることになった。しかし、こうした企業の多くは赤字経営であり、ビジネスモデルに疑問の余地がある。

  先陣を切るのは今週にIPOを実施する配車サービス大手リフトだ。これにライバルのウーバーが続き、さらにデータマイニング企業のパランティア・テクノロジーズ、チャットソフトを手掛けるスラック・テクノロジーズ、民泊仲介のエアビーアンドビー(Airbnb)、写真共有のピンタレストもIPOを控えている。