「エヌビディアの株価が下がったことで、4000億円の赤字の影響を受けた」

 2月6日、SBGの決算会見。孫社長がおもむろに説明を始めたのは、エヌビディア株の売却についてだった。

 孫社長によれば、エヌビディアに29億ドルを出資したのは16年12月ごろ。当時の株の平均取得単価は105ドルだったという。

 その後、株価は右肩上がりで上昇したことで、株の含み益を営業利益に計上するソフトバンク・ビジョン・ファンド事業に、数千億円規模の利益をもたらしてきた。

 ところが昨年9月末に281ドルだった株価は、同12月末には134ドルまで急落してしまう。その結果、SBGは18年9~12月期に40億ドルの株式評価損を計上する事態になった。

 ただ、ビジョン・ファンドは同時に218ドルを下限とするオプション取引と組み合わせたことで、株価下落分の損失をカバー。結果的にSBGの損失は11億ドルで済んだといい、「株を105ドルで買って218ドルで回収し、手じまいにした」(孫社長)。

 孫社長は業界のトップ企業や有望企業に集中投資する「群戦略」を掲げ、「AI時代に不可欠な会社になる」とエヌビディアへの出資について強調してきた。今回の売却について孫社長は、「AI革命をリードしていく会社の一つとして、高く評価している」としながらも、「まだまだ伸び盛りの企業があるので、そちらに資金を投入していく」と述べている。