住民生活に直結する給水ポンプは
予防保全にするべき?

 予防保全と事後保全について、車の買い換えを例に考えてみたい。3年ごとに車を買い換えることにして、3年で3回新車に乗り換えて9年が経過したケース(予防保全)と、故障するまで乗り続けることにして、9年間で1台乗りつぶしたケース(事後保全)があったとする。

 3年ごとに新車に乗り換えていれば当然故障はないし、故障が起こるリスクもきわめて低い。このケースの場合は、新車を3台購入する費用の合計が累積コストとなる。一方、9年間同じ車に乗り続けた場合は、故障や不具合が発生するたびに修理が必要になる。このケースの場合、1台分の新車購入費と修理費が累積コストとなる。

 両者を比較すると、3台新車を乗り継ぐケースのほうが、1台の車に乗り続けるケースよりも明らかに高くなるだろう。つまり、車1台を乗りつぶす事後保全のほうが安くつくわけだ。もちろん9年間も乗り続ければ、ボディーは色あせて車体も古くなり、故障しやすい車に乗っているという感覚になるかもしれない。しかし、コストという点でみれば、1台の車を乗り続けるほうがずっと経済的である。

 これはマンションにもいえることだ。

 限りある修繕積立金を有効に使うために、不要な予防保全で無駄なコストをかけず、事後保全で済むところは壊れるまで使う、という意識を持つが大切なのである。

 ここで、どのマンションにも設置されている給水ポンプを見ていこう。先に挙げた機械式駐車場やエレベーターと同様で、これも故障してしまっては困る設備だ。ならば、これも予防保全の対象になると思われるかもしれないが、実は事後保全で十分な設備なのである。

 通常、給水ポンプは2台で交互運転をしている。断水は住民生活の死活問題となるため、断水しないように、たとえ1台が故障しても、残りの1台だけで十分機能するように設計されているのだ。双発の飛行機が、片側のエンジンだけになっても飛び続けていられるのと同じようなものと考えていいだろう。

 通常の使い方をしている限り、給水ポンプが2台同時に壊れるということはまずあり得ない。つまり、1台の給水ポンプが壊れても、もう1台は機能し続けるので、もし故障したとしても、それをすぐに修理、あるいは交換すればいいのだ。この場合、かかるコストは1台分の修理費、あるいは新規の給水ポンプ代で済む。