日本は、経済成長の鈍化に直面する多くの国々の仲間入りをしつつある。しかし、ある点において日本は異彩を放つ。