世界的な景気後退懸念が完全に消え去った訳ではないが、経済指標などを見れば、金融市場を昨年襲った動揺は、的外れであったことを物語っている。