NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」など、テレビで話題沸騰の「伝説の家政婦」志麻さん。3/18にはテレビ朝日系の「スーパーJチャンネル」、3/24にはNHK「うまいッ!」にも出演。
 あの志麻さんが、初めて書きおろした料理エッセイ・レシピ本、『厨房から台所へ――志麻さんの思い出レシピ31』が発売たちまち重版となり、話題沸騰中だという。
 レシピの背景にある波乱万丈のエピソードとともに、調理のコツも凝縮。ふだん家で食べたことのない「フランスのママン直伝のキッシュ」「梨リングフライ」「龍馬チョコレート」は絶品。
 さらに、「母の手づくり餃子」「おばあちゃんのお煮しめ」「けんちょう(山口の郷土料理)」のなつかしの味から、「ゆで鶏のシュープレームソース」「豚肉のソテーシャルキュティエールソース」「子羊のナヴァラン」「ローストチキン」などのフランス家庭料理、「フォンダンショコラ」「カトリーヌ先生のそば粉のクレープ」などのデザート、1歳の息子お気に入りの「鶏手羽元のポトフ」まで、実に多彩なレシピがあるという。「3時間で15品」など、これまでのイメージとはまったく違う志麻さんが、あなたの前に突如、出現するかもしれない。
 今回は志麻さんに「カトリーヌ先生のそば粉のクレープ」を紹介してもらおう。(撮影・三木麻奈 )。

志麻さんがこだわったもの

 本書では、そば粉は殻付きの少し灰色がかったものを使用してつくりました。
 しかし、いざそば粉を買おうと思うと、殻を取った白いそば粉しか置いていない店がほとんどでした。

 それでも殻付きのそば粉にこだわったのは、このクレープが私のフランス語の先生、カトリーヌ先生のいつもつくってくれるレシピだったからです。

 結局、カトリーヌ先生からいつも使っているそば粉を分けてもらい再現することができました。

 そんな大変な思いで撮影したクレープでしたが、もちろん白いそば粉でもできますし、小麦粉だけでもつくることができます。

 フランス人にとってデザートは食後の楽しみで、クレープは簡単につくれる代表的なデザートの一つでもあります。

 胃袋の大きさが日本人の倍くらいはあるのではないかと思うほど、たくさん食べる彼らは、デザートの量もびっくりするほどです。