交通の点を線でつなげる
伊豆で始まる「観光型MaaS」

 無料ではないものの、目新しい取り組みが、この春から静岡県伊豆エリアで始まろうとしている。MaaS(マース、「モビリティ・アズ・ア・サービス」の略)はICT(情報通信技術)によってマイカー以外のすべての交通手段による移動をシームレスにつなぐ概念を指す。ユーザーはスマートフォンのアプリを用いて、複数の交通の予約・運賃決済が一括で可能になるそうだ。

「伊豆のモデルでは『観光型MaaS』と称し、東急・JR東日本・伊豆急などが事業者の垣根をこえたモビリティ(移動)を提供する予定です。交通手段が不足していて、せっかくの観光資源が生かしきれていない地方を活性化する活路になるかもしれません」

 観光型MaaSとノモックの広告媒体を組み合わせれば、相乗効果で「移動の目的化」が地方でも図れるような気もしてくる。

「地域密着型企業の広告収入はあまり期待できないかもしれませんが、もし地方の観光地で広告を打つなら、地域限定の情報こそ生きる気がします。ラーメン好きの人に向けて、車でしか行けない店をサジェストしたり、クーポンを出したりするとか。そういった、地域経済に目を向けた方向性だと好感が持てますね」

 博多の土地から始動するノモックが、広告媒体としての価値をどこまで高めていくのか。引き続き注目していきたい。