真言宗の尼僧である悟東あすか氏は、幼い頃から「見えない存在」を感じ取っていたが、そのことで生き辛さを感じていた。しかし、得度した際にお大師さまに祈って以来、霊感的に何かを見ることはなくなり、そして徐々に祈る時にご神仏からのメッセージを受け取れるようになったという。
このたび刊行された『神さま仏さまが教えてくれた 迷いをすっきり消す方法』では、そんな悟東氏のもとに時々寄せられる、悩みを抱える人からの相談に対して、ご神仏から授かった答えやメッセージの一部を紹介しつつ、ご神仏のメッセージは誰もが受け取れるものだと教えくれている。それを読むと、「神さま仏さまなんて、いるわけない!」と思い込んでいる人でもいつしか、「神さま、仏さまに祈ってみよう!」という気にさせ、仏教をもっと知りたくなってしまうはず!
今回は『神さま仏さまが教えてくれた 迷いをすっきり消す方法』から一部を抜粋・再構成して紹介します。

毘沙門天さまのお使いが現れた!

悟東あすか
悟東あすか(ごとう・あすか)
高野山真言宗尼僧であり、漫画家
幼い頃から「見えないもの」の存在を感じ、それに悩まされることもあったが、得度した時にお大師さまに願うことで、以後は祈る時にだけ感じられるようになり、現在に至る。
尼僧としては、1984年、高野山別格本山西禅院徒弟として得度。受明灌頂授了。2006年、高野山大学加行道場大菩提院にて加行成満。同年伝法灌頂授了。2007~2009年、高野山大学にて中院流一流伝授授了。漫画家としては、1989年に集英社少年ジャンプ第30回赤塚賞準入選。同年週刊少年ジャンプ夏期増刊号にてデビュー。
Photo by 松島和彦

 ご神仏は、時にユニークな方法でご自身の存在やメッセージを伝えてくださいます。
「え! こんなことが起きるの!?」と驚く不思議な出来事も起こるので、心を柔軟にしてメッセージを受け取ってください。
 これについては、わが家で起きた面白い一例をご紹介しましょう。
 数年前のこと、毘沙門天さまが眷属(ご神仏の使い)を遣わして、娘のしつけをしてくださったことがありました。

 娘が中学生の頃のことです。
 わが家には、お不動さまの他に何尊かのご神仏をお祀りしているのですが、その中に毘沙門天さまもお祀りしています。
 親バカではありますが、娘は割と素直で、何でも話してくれる性格です。
 でも思春期の頃は、たまに親の私にウソをつくことがありました。

 ある日、娘が「学校に行く」と言って出かけていきました。
 そして夕方になって娘が帰ってくると、娘の机の下から体長15センチはあろうかという大きなムカデが、にょろにょろと這い出てきたのです。
 当時住んでいたマンションは2階で、ムカデが出るような環境ではありません。
 驚きながらもなんとかつかまえ、近くの山に逃がしてやりました。

 家に戻った私が、脱ぎ散らかしてあった娘の洋服を片づけようとしたところ、そのポケットから書店のレシートが出てきました。何気なく見ると、精算時間が娘が学校へ行っていたはずの時刻です。
 アッと思い、「今日、学校へ行ってないでしょう?」と聞くと、娘は「ごめんなさい。友達と本を探しに行ってました」と白状しました。

 ムカデは、毘沙門天さまの眷属です。
 毘沙門天さまは、勝負運を司る神さまでもあり、絶対に後ろへ下がらないムカデを眷属として遣わされることがあります。
 毘沙門天さまはウソが嫌いな神さまでもあるので、私は「もしや」と思ったのでした。

 それから数ヵ月後、娘の机の下から同じようにムカデが出てきました。