日銀の金融引き締めは間違い?
Photo:PIXTA

 5月1日から新元号「令和」に改元され、30年と5ヵ月続いた「平成」が終わった。

「平成」は、どういう時代だったのか。

 財務省(大蔵省)にいた筆者の視点から振り返ると、その時々の局面で、財政や金融政策が間違った処方をしたことで、バブルやその後のデフレに象徴される日本経済の混迷をより大きくした感が強い。

「平成デフレ」の引き金は
日銀の金融引き締め

 バブル景気に沸く1989年、改元により平成元年になったが、平成の最初の経済エポックといえば、消費税創設だ。

 当時の大蔵省にとっての重要事項のひとつも、消費税の導入だった。