Photo:PIXTA

終身雇用が前提だった日本も、いまや2人に1人が転職をする時代。その転職先として、昨年話題となった“GAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)”をはじめ、外資系企業への関心が高まっています。しかし外資系企業への転職には、日本企業とは異なる意識の持ち方やノウハウが必要となってきます。そこで今回は、鈴木美加子氏の著書『やっぱり外資系!がいい人の必勝転職AtoZ』(青春出版社)から、外資系企業で自分らしく働くための職場の選び方や転職ノウハウを抜粋して紹介します。

年収、昇進、異動…日本企業との違いとは?

 そもそも、外資系企業と日本企業の違いはどこでしょうか。まず、よくいわれる外資系の特長として「日本企業よりも比較的、年収が高い」が挙げられます。実際、そのようなイメージを持つ方もいらっしゃるでしょう。

 まず、なぜ外資系は年収が比較的高いのか。大きく2つの理由が挙げられると思います。外資では、専門スキル+語学力(英語であることが多い)をもつ人材が必要です。この組み合わせをもつ候補者はかぎられるので、労働市場での需要と供給のバランスから、専門スキルと英語力を兼ね備えた人材は、価値が高まり年収が相対的に高くなります。