「食い物」にされてはいけない
すぐに実践できる自宅教育

 こうした場で筆者が行う自宅投資の教育は一般論ではない。どの物件をいくらで買うかという実践をも含まないと成功確率は上がらない。そこで、スタイルアクトが運営する無料会員制の「住まいサーフィン」の中で、新築物件の適正価格や儲かる確率などを数値化している。沖レクではこれの使い方を含めてレクチャーしている。

 新築マンションの実際の価格表に対して、割高や割安などと私たちが査定していることにはもちろん理由がある。また、その根拠は事後検証をもって想定通りになっていることが確認されている。最近では、新築の価格表を基にどの住戸が最も割安なのかがわかる「住戸比較レポート」なども無料で提供しているが、この癖と使い方を理解しておくと、同じマンションを購入するにしても数百万円は違ってくる。

 それだけではない。不動産の世界では顧客を食いものにする商習慣が多数存在する。特に中古取引においては、知らないと大損することも多い。それらは不動産業者の自社の利益のために行われているものであり、なくなりそうにない。

 しかし、こうした商習慣を逆手に取る方法を個人が覚えると、うまく業者を動かすことができるようになる。そのためには、業界知識だけでなく、武器としてのシステムを用いることが重要だ。そのため筆者は、信頼できる仲介会社の斡旋からコンサルティングまで行うようにしている。

 自宅教育は、知っているか否かの違いで数千万円の差がついてしまう。筆者はこれまで1億円以上の資産形成をしている。そのノウハウを教えた住まいサーフィンの会員の99%が成功したところを見ると、誰にでも可能性が開かれているということだ。自宅知識を高めることで人生が大きく変わることは、会員自身が証明してくれている。

(スタイルアクト(株)代表取締役/不動産コンサルタント 沖 有人)