90歳でも20歳若返る!
私は1930年(昭和5年)生まれ。
数え年で90歳になるベンチプレスの現役選手です。
これまで世界大会(70歳以上の部・47kg級)で、
4つの金メダルを獲得してきました。
最近テレビに出演することも多くなった私ですが、
日々実践している「医師も認める健康法」を、
あるがままにお伝えしていきます。

すべて自炊で
お惣菜もお弁当も買いません

私は外食しないばかりか、出来合いのお惣菜もお弁当も買いません。
だって誰がどんなふうにつくって、何が入っているのかわからないもの。

スーパーマーケットで食材を買っていると、私よりもうんと年下の老夫婦がお惣菜やお弁当を買っている場面に出くわすことがあります。

お惣菜やお弁当のおかずは、傷まないように唐揚げやフライなどの揚げ物が多いですね。
たまに揚げすぎて、真っ黒になっているものを見かけることもあります。

残り物を二度揚げしているスーパーもあるって話も聞きますけれど、真っ黒になった揚げ物を見ると、その噂はホントかもしれないと思っちゃいます。

揚げてから時間が経ったらぜんぜん美味しくなるし、きっとあぶら(脂・油)が酸化してしまって体にもよくないでしょう。

スーパーで揚げ物のお惣菜やお弁当を買っている人を見かけると、「自分の健康が大事だと思っていないのかしら?」と他人事ながら心配になります。

私も揚げ物は好きですよ。
でも、やっぱり揚げたてじゃなきゃ美味しくいただけません。

主人は生前、天ぷらが好きだったので、うちでもよくつくりました。
ひとりになってからは、回数が減りましたけど、食べたくなるとたまに朝から揚げています。

私が調理に使うのは基本的にオリーブオイルですが、揚げ物だけはゴマ油を使っています。
そのほうが風味豊かになりますし、からっと軽く揚がりますから。

揚げるのは、ニンジンとかアスパラガスとか、野菜が多いです。
たまに奮発して、むきえびとタマネギでかき揚げをつくったりもします。

先ほどさらっと「朝天ぷらを揚げる」といいましたが、食べるのは朝です。

「朝から天ぷら?」と驚かないでください。
朝こそ、1日の元気をチャージするために、ボリュームのある食事をするべきなのです。

朝の天ぷらは、最高に美味しいですよ。
多少油っこい食事をしたとしても、朝ならその後、1日中動きまわるのですから、贅肉になる心配もありません。

外食で食べ物の無駄や衛生面を気にかけたり、お惣菜やお弁当の栄養面を心配したりしてストレスを感じるくらいなら、はなから外食をせず、お惣菜もお弁当も買わないほうがずっとマシです。

そう思って、私は今日も自宅の台所に立っています。