これまで50の新規事業(企業内起業17回、独立起業19回、週末起業14回)に携わってきた守屋実さんの初の著書『新しい一歩を踏み出そう!』が5月15日にダイヤモンド社から発刊されました。守屋さんは、大学在学中から現在に至るまで、一貫して新しい事業だけをやり続けてきたという稀有なキャリアの持ち主。守屋さんの実績を表す一端といえるのが、創業に参画した2社が昨年上場したこと。2018年4月に介護業界に特化したマッチングプラットホームのブティックスを、5月に印刷・物流・広告のシェアリングプラットホームのラクスルを2社連続で上場に導く。本連載は、守屋さんのこれまでの様々な経験を踏まえ、主に若手ビジネスパーソンに向けて「仕事のプロ」になるための具体的な方法を伝授していきます。

 

考えるほど、解決策からは遠ざかってしまうことも

 みなさんは、自分の将来に対して不安を抱いていますか?

 会社はどうなるか分からない、年金も期待できないとなれば、なるべく給与のいい会社に入り、若いうちから貯金して将来の安心に備えたい、と思う人もいるのではないでしょうか。

 そうした世相を受けてか、適職を考えるキャリアプランや、人生をシミュレーションするライフプランや資産形成のためのマネーセミナーなどが活況のようです。

 それだけ多くの人が、なるべく失敗せずに、着実にうまくいく人生を歩みたいと思っていることの表れかもしれません。

 でも、実際には、プラン通りになるとは限りません。

 むしろ、その通りにならないことの方が多いのではないでしょうか。

 頭で考える行為は、いくらでも、いつまででもできます。

 でも実際には、考えるほど、解決策からは遠ざかってしまうこともあります。

 考えてもキリがないからです。キリのないものをキリなく追いかけているうちに迷子になり、こじらせてしまうのです。だから、アタマで考えるのはほどほどに、一歩、動いてみることをおすすめします。

 なぜなら、人は考えたようにはならず、動いたようになるからです。