一番ギャップが大きいのは、「階層間の意思疎通」。経営と現場の階層間が円滑に意思疎通できているか、という項目です。「階層の壁」と言えるでしょう。

 日本企業の多くが多階層のヒエラルキー型組織ですが、環境変化のスピードが速い時代には、階層を少なくし経営と現場がスピーディに意思疎通していくことも必要です。階層間の認識のギャップを解消するために「組織内連携の強化」を進める必要があります。

 二番目にギャップが大きいのは、「適切な採用・配置」。自社が状況に即した採用・配置を行っているか、という項目です。「採用・配置の壁」と言えるでしょう。

 日本企業の多くが新卒一括採用を人員調達の主な手段にしていますが、環境変化のスピードが速い時代は、中途採用や人材派遣はもちろんのこと、フリーランスや業務委託などさまざまな採用手法や雇用形態を状況に合わせて組み合わせて、機動的な人員調達を進める必要があります。このギャップを解消するために「業務内容やキャリアパスの再設計」に取り組む必要があります。