グーグルで最速仕事術「スプリント(デザインスプリント)」を生み出し、世界の企業の働き方に革命を起こしてきた著者が、今度は、時間を最大限に有効に使うメソッドを生み出した。それをまとめたのが『時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』(ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー著、櫻井祐子訳、ダイヤモンド社)だ。同書はたちまちのうちに話題となり、世界16ヶ国で刊行が決まっている。
著者のジェイク・ナップはグーグルで、ジョン・ゼラツキーはユーチューブで、人の目を「1分、1秒」でも多く引きつける仕組みを研究し続けてきた「依存のプロ」だ。
そんな人間心理のメカニズムを知り尽くした2人だからこそ、同書の時間術はユニークかつ、きわめて本質を突いている。「人間の『意志力』などほとんど役に立たない」という、徹底して冷めた現実的な視点からすべてが組み立てられているのだ。
さらに、「いくら生産性を上げても、ひたすら他人の期待に応えているだけ」で、自分のためになっているわけではないという。では、このテクノロジー全盛のスピードの速すぎる世界で、人生を本当に豊かにするには、いったい時間をどう扱うべきか? 本稿では、同書より「メール」についての記述を特別に紹介したい。

即レスは「相手」にとっては最高

 受信箱をコントロールするには、「できる限り早く」から「許される限り遅く」への方針転換が何より必要だ。メールやメッセージにはゆっくり返信する。数時間、数日、ときには数週間置いてから連絡をとろう。ひどいやり方だと思うかもしれないが、そんなことはない。

 実生活では、誰かに話しかけられたら、すぐに返事をする。「ミーティングどうだった?」と同僚に聞かれたら、前を凝視したまま聞こえないふりなんかしない。あたりまえだ。そんなの失礼すぎる。

 普通の会話ではすぐに返事をするのがデフォルト(初期設定)になっている。そしてそれはよいデフォルトだ。礼儀にかなっているし、協力的だ。だが「即答」のデフォルトをデジタルの世界に持ち込むと、大変なことになる。

 ネットでは、物理的に近くにいる大事な人に限らず、誰でもあなたに連絡をとることができる。彼らは(あなたのではなく)自分の都合のよい時間に、(あなたのではなく)自分の優先事項について尋ねてくる。

 そしてあなたは、メールその他のメッセージをチェックするたび、こう聞いて回っているようなものだ。

「私の時間をいま必要な人はいませんか?」

 また、すぐに返信するのは、彼らと自分自身にこんなメッセージを送っているようなものだ。

「あなたがどこの誰で、用件が何であれ、私は自分の優先事項を差し置いて、あなたの優先事項のために時間をつくりますよ」

 こう書いてみると、とんでもない気がするだろう? だがこのとんでもない即レスこそが、現代文化のデフォルト行動だ。それは「忙しいことこそ正義だ」という、いまの世の「多忙中毒」というべき風潮を支える柱になっている。