グーグルで最速仕事術「スプリント(デザインスプリント)」を生み出し、世界の企業の働き方に革命を起こしてきた著者が、今度は、時間を最大限に有効に使うメソッドを生み出した。それをまとめたのが『時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』(ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー著、櫻井祐子訳、ダイヤモンド社)だ。同書はたちまちのうちに話題となり、世界16ヶ国で刊行が決まっている。
著者のジェイク・ナップはグーグルで、ジョン・ゼラツキーはユーチューブで、人の目を「1分、1秒」でも多く引きつける仕組みを研究し続けてきた「依存のプロ」だ。
そんな人間心理のメカニズムを知り尽くした2人だからこそ、同書の時間術はユニークかつ、きわめて本質を突いている。「人間の『意志力』などほとんど役に立たない」という、徹底して冷めた現実的な視点からすべてが組み立てられているのだ。
さらに、「いくら生産性を上げても、ひたすら他人の期待に応えているだけ」で、自分のためになっているわけではないという。では、このテクノロジー全盛のスピードの速すぎる世界で、人生を本当に豊かにするには、いったい時間をどう扱うべきか? 本稿では同書から特別にハイライトを紹介したい。

誰でも、強力な「時間泥棒」を1つもっている

 ほとんどの人はどうしてもやらずにいられない、とびきり強力なネットやアプリの「弱点」を1つは持っている。これを「散漫クリプトナイト」と呼ぼう。

 スーパーマンですら「クリプトナイト」という物質に近づくと弱体化してしまう。

 ふつうの人にとっての「散漫クリプトナイト」は、どんな防御もかいくぐって計画を邪魔してくる時間泥棒だ。あなたにとっての散漫クリプトナイトは、フェイスブックなどの一般的でわかりやすいものかもしれないし、JZみたいな変わり者なら、怪しげなヨットオタクの掲示板サイトかもしれない。

 簡単な判別方法がある。

 そのウェブサイトやアプリに数分(またはほんの数分のつもりが1時間)費やしたあとで気がとがめたら、それはおそらくクリプトナイトだ。

 クリプトナイトを遮断する方法は、あなたの本気度と依存度によっていろいろある。

 SNSやメールなど、パスワードを要求してくるクリプトナイトは、ログアウトする(本書「戦術18」)だけでペースダウンできる。クリプトナイトが特定のサイトの場合、集中したい時間はそのサイトをブロックするか、インターネット接続そのものを切断する(本書「戦術28」)。一歩進めて、スマホからアプリを削除したり、ブラウザの機能をオフにすることもできる(本書「戦術17」)。

この戦術で「段違い」にしあわせになる

 読者のフランシスが、彼のクリプトナイト「ハッカーニュース」(テック系スタートアップの情報サイト)を遮断したときのことを教えてくれた。

 初めて完全にサイト断ちしたときは、興味深い記事やコメント欄の知的なやりとりが読めないのを物足りなく思ったが、意外にも心の健康が高まるという見返りがあったそうだ。

「1日40回もサイトを覗いて、スタートアップの華々しい売却話と自分の境遇を比べて落ち込んだりしなくなった」

 読者のハリエットの体験談はもっと極端だ。ハリエットのクリプトナイトはフェイスブックで、それもただ気が散るだけでなく、危険な依存状態だった。

「全部のメッセージに返信しなくてはといつも焦り、スマホに釘づけだった。私の仕事スペースは人から丸見えなのに、仕事をしているふりをする気もなくなっていた」

 このままじゃいけない、とハリエットは気づいた。

 とりあえず1週間、フェイスブック断ちをすることに決め、すべてのデバイスからフェイスブックのアプリを削除した

 もちろん簡単ではなかったが、1週間が終わるころには、もう戻りたくなくなっていた。

「戻ることを考えただけでゾッとしたから、もう1週間断つことにした。2週間が2ヵ月になり、かれこれもう10ヵ月になるわ」

 フェイスブックをやめることに支障がなかったわけじゃない。友人たちはフェイスブックで集まりを企画することが多く、例外を認めなかった。

「完全に輪から外れてしまった。自分で会を企画するときも、昔からの友人としか連絡がとれない。といっても、それもここ数か月で何回かしかなかった

 それでも彼女は戻らなかった。

「いろいろあったけど、いまのほうがずっとしあわせ。劇的に、段違いにしあわせ。どん底まで落ち込んだころは、脳をコントロールできなくなったかと思った。情報を見逃そうが、計画が多少面倒になろうが、自分の心を取り戻せた喜びを思えばなんでもない」

いったん抜け出せば、すがすがしい気持ちになれる

 フェイスブックをやめたことで立ち消えになった友情と、強くなった友情があると、ハリエットは言う。彼女に本当に会いたいと思ってくれる友人や、彼女が本当に会いたい友人は、電話やメール、ショートメッセージなどで連絡をくれた。

べつに通信不能になったわけじゃない」とハリエットは言う。「だから、無限の泉に当面戻るつもりはない」

 ハリエットがフェイスブックで経験したことはたしかに極端だが、僕らはほかにも同じような話をたくさん聞いている。

 散漫クリプトナイトから抜け出せば、すがすがしい気持ちになれる。喜びと安らぎ、自由を実感できる。輪から外れるのは怖いが、いったん外れてしまえば、じつは気分のいいものだとわかる

(本原稿は、『時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』〈ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー著、櫻井祐子訳、ダイヤモンド社〉からの抜粋です)