かのアルバート・アインシュタインは、こう言いました。「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない」と。天才の考え方を知り、体現することで、今まで見えていなかった世界に触れ、一生かけても得られなかった成果が手に入ります!
では、成果とはどういうものでしょうか。「つい考え込む」「どれがいいか悩む」「何をするにも時間をかける」など、本来であれば、じっくり考えて最良の方法で成果を出すことは、おかしなことではありません。ただし、その一方で、「迷わず瞬時に答えを出せる」人がいます。「天才」と呼ばれる人たちです。今まで苦労していたことが、天才の思考法に触れることで、考え方そのものが劇的に変化します! それは、約3万人に1人(IQ160以上)の知能による最も効率的な考え方です。
その考え方を2時間で学べるMENSA、ISI、HELLIQに所属する天才のパターン思考 2時間で知能が高まる「思考の技術」を通して、「凡人が試行錯誤しているなか、天才は時間をかけずに成功法を導き出す」「凡人がようやくたどり着いた答えに、天才はあっという間に到達してしまう」「凡人が一生懸命説得している横で、天才はサクッと希望を叶える」のように、天才の思考法を知ることで、人生が劇的に変わります!
問題を早期に解決する方法を紹介していきます。大人になってからも、判断に迷ったり、行き詰まったりすることがあります。目の前に立ちはだかった「問題」を解決しない限り、先には進めません。効率よく問題を解決するには、「目的」、すなわち「どういう結果にしたいか」をはっきりさせ、最適な手段を考えることが必要です。

判断基準を設ける

 上司から何かを打診され、引き受けるか否か迷ったことはないでしょうか。日常業務の9割以上は、拒否することのできない案件ですが、自分に裁量権のある仕事で結果を出すことができれば、モチベーションアップや評価向上につながります。

 自分がやると決めた仕事がうまくいくと、ほかの業務にもいい影響が出ます。自信につながり仕事が楽しくなるからです。

 自由な社風で有名なGoogleでは、各自が興味のあるサイドプロジェクトに使える自由時間を与えられており、それがGmailなど人気コンテンツの誕生につながったといわれています。

 もちろん、成果を出すには、「どれを選ぶか」「何をするか」といった判断の精度を上げなくてはいけません。また、通常業務もあるわけですから、迷うことで時間をムダにするのも避けたいところです。スピード感を持って、正確に判断しなくてはいけないのです。