マーケティングのチームに新たなスター社員が欲しければ、水球の選手を採用してみてはどうだろう。