ウォルマートは、昇進希望者の適性判断で仮想現実のヘッドセットを利用。VRの技能評価機能を使い、買い物客の苦情や乱雑な通路などへの対応を見ている。