仕事がないなら、つくればいい!
働き方改革、副業解禁。好きなことを仕事にするとは聞くけれど、自分には無理と決めつけていませんか? 著者もかつては「好きなことを仕事に」とは思えなかった、ふつうの人でした。経歴なし、留学なし、壮絶経験なし。流されて就職するもたった2ヵ月でギブアップ。そんなふつうの人が、どのように好きなボードゲームを突き詰め、強みを仕事に変え、好きなことで「食える」ようになったのか……。
この連載では、『戦略と情熱で仕事をつくるーー自分の強みを見つけて自由に生きる技術』から一部を編集してご紹介します。

小さいころ好きだった
「ボードゲーム」を仕事に!

松永直樹(まつなが・なおき)
ボードゲームソムリエ、ボードゲームデザイナー。世界のボードゲームのプロフェッショナル
1990年生まれ。公務員の家庭に生まれ、6歳で『人生ゲーム®』に出会い、1人でマス目をひたすら読んで遊ぶほど没頭する。中学生の時に、『カルカソンヌ』という世界で一番権威のある賞を受賞したボードゲームの面白さにハマり、以後、青春すべてをボードゲームに注ぎ込むようになる。大学3年生の時に、ドイツで開催される世界最大のボードゲームの祭典に参加し、初海外の体験で文化の違いを知り、衝撃を受ける。帰国後、ボードゲームの魅力を提供する「ボードゲームソムリエ」として活動を開始。様々なコミュニティに赴き、累計5000人以上にボードゲームを感動サプライズとして提供するエンターテイナーとして活躍。活動を通して、多くの人に出会い、その縁で『7つの習慣®』のボードゲーム制作をオファーされ、デザイナーデビュー。『7つの習慣®』のボードゲームは、クラウドファンディング「Makuake」において、日本で行われたボードゲームのクラウドファンディングプロジェクトで史上初の1000万円を突破し、話題になった。また2年後に制作した『7つの習慣®』ボードゲームの2作目『7の秘宝』もクラウドファンディングにおいて1000万円を突破し、史上2作目の快挙となる(この2作以外で、日本において、1000万円を突破したボードゲームは存在しない)。その後、大手企業のボードゲームから、人気漫画『キングダム』のボードゲームまで、さまざまなボードゲーム開発や監修の依頼を受けるだけでなく、『マツコの知らない世界』をはじめとするメディア活動にて、ボードゲームの魅力の発信や自分の大好きなことで生きることをテーマとした講演も行っている。また企業のボードゲームの研修コンサルティング、東京大学にてボードゲームの特別講師として登壇するなど、エンターテインメント以外の分野での活動も行う。
(撮影:森川亮太 撮影協力:渋谷ロフト)

「好きなことで生きていく」
 そんな風に言えるのは、たった一握りの「何者か」である特別な人だけ。
 だから、どうにかして何者かになりたいと、僕はずっとそう思っていました。

 今、僕は29歳です。平均的な、いわゆる普通の人生を送ってきました。
 高校まで公立で、まあまあの私立大学に進学。海外留学に行ったこともなければ、何かのチャンピオンになったことがあるわけでもありません。

 ただ、好きなことはありました。それは、アナログな「ボードゲーム」です。
 ボードゲームとは、日本人であれば『人生ゲーム®』を思い浮かべてもらえれば、わかりやすいと思いますが、ネットやテレビなどを電気を使わずに行うゲームのことです。
 僕は6歳でその『人生ゲーム®』にハマり、以来、ずっとボードゲームに夢中でした。

 日本だけでなく海外のゲームにも興味が湧き、おこづかいやお年玉などは、すべてボードゲーム購入に使い、さらに学校で良いことをして表彰されたり、テストで良い点を取ったときに親からもらった臨時収入も、すべてボードゲームにつぎ込みました。

 それでも足らずに「この間もらったお年玉で、あのゲームを買おうよ」と、弟や妹をそそのかして、自分の欲しいボードゲームを買ってしまうということも…。そして、このようにハマりにハマった結果、僕は中高生の頃から何百個ものボードゲームを持つような子どもでした。

 そして、年齢が上がるにつれて、できればボードゲームにかかわる仕事がしたいなあと漠然と思っていましたが、そもそもニッチな世界だったため、仕事のイメージもわきませんでした。

 でも、僕は今「ボードゲームソムリエ」という肩書きで、さまざまな企業からボードゲーム開発のオファーやボードゲームを紹介する仕事をいただいています。大学を卒業してIT企業に就職したころには考えもつきませんでしたが、大好きなボードゲームに関する仕事だけで人生を楽しみ、充実した日々を過ごすことができているのです。
 日本でこのボードゲームを作ったり、関連した仕事だけで「食えている」人は、ほとんどいないでしょう。こんな普通の僕が、気づいたら新しい仕事をつくっていたのです。

世界的に有名な著書を
ボードゲーム化する!

 僕が「ボードゲーム」に関する仕事だけで食えて行けるようになった、そのきっかけは、世界で3000万部、日本でも220万部以上売れている、成功者の習慣を記した『7つの習慣』という本。その本の世界を体験するボードゲームを制作したことです。

 このゲーム作成のために、僕は、今から4年も前の2015年当時、あまり知られていなかったクラウドファンディングで1200万円以上を集め、制作、そして販売までこぎつけました。

 さらにその結果があって、原泰久先生の漫画『キングダム』のボードゲーム制作をしたり、『マツコの知らない世界』に人生ゲームに詳しい人として、出演もできました。今では、ボードゲームに詳しい人ということでテレビや雑誌、ネットなどに登場したり、最近では、中学生に仕事や将来について話すという機会をいただいたり……と活動が広がり始めたのです。