30年間で50の新規事業(企業内起業17回、独立起業19回、週末起業14回)に携わり、2018年4月に介護業界に特化したマッチングプラットホームのブティックスを、5月に印刷・物流・広告のシェアリングプラットホームのラクスルの2社を連続上場に導いた守屋実さん。本連載は、その守屋実さんの初の著書『新しい一歩を踏み出そう!』(5月15日刊、ダイヤモンド社)の内容をベースに、主に若手ビジネスパーソンに向けて「仕事のプロ」になるための具体的な方法を紹介してきました。そして、今回と次回の2回は、特別編として対談形式でお届けいたします。お相手は、6月20日に『人生の中心が仕事から自分に変わる! 休み方改革』を上梓した東松寛文さん。東松さんは、大手広告代理店の社員であり、リーマントラベラーという肩書でも活動する異色のビジネスパーソンです。守屋さんと東松さんというユニークなお2人による対談は、果たしてどんな展開になるのか。お楽しみください。

守屋 実さん(左)と東松寛文さん(右)

自分軸で生きるための理論と実践

守屋:東松さんの2冊目の著書『人生の中心が仕事から自分に変わる! 休み方改革』が発売されましたね。おめでとうございます。早速、読ませていただきました。

東松:どうも、ありがとうございます。

守屋:私も5月に『新しい一歩を踏み出そう!』を出版しましたが、2つの本は、どちらも同じことを言っているなと思いました。右から見ているのか、左から見ているのかの違いくらいで、根っこでは同じだなと。東松さんが「『休み方改革』の中で言いたかったことって、人生の中心を自分に取り戻す」ということですよね? 私の本も同じ趣旨です。「会社のプロではなく、仕事のプロになれ!」ということですが、結局、自分軸で生きるということです。

東松:私も守屋さんの本を読ませていただきました。これからの時代を考えたときに、守屋さんの本がいわばこれからの生き方・働き方の理論編で、私の本がその実践編とでも言えるかと思います。そういう役割の違いのような気がします。

守屋:そうかもしれないですね。

東松:今回、この本を出して何よりうれしかったのは、担当編集者さんが、これを読んで有休の申請をしてくれたことです。ここ10年で連続3日以上の有休を取れていなかった人が、平日に有休を取られてハワイに行かれるそうです。

守屋:早速、本の効果効能があったわけですね。