透けないのはグレーの肌着
社外で半袖シャツはNG

 真っ白な下着に白いシャツ(特に安価な薄い生地)の掛け算では、そこだけ下着のラインが分かりやすくなります。生活感が漏れ出てしまうことは、ビジネスの場でプラスに作用することはありません。ベージュも良いのですが、男性だと抵抗感がある方もいるでしょう。

 そこでおすすめしたいのは薄いグレーの下着。意外と透けにくいですし、グレーだと汗ジミが乾いた後や、襟元の汚れなども目立ちにくいという利点があります。扱っているメーカーはあまり多くありませんが、優れものです。

 ビジネスシーンでは大前提として、ジャケットやスーツなどの上着から、きちんとシャツの袖が少し見える状態になっているのが着用のマナー。半袖シャツだけでジャケットを着用せずにいて平気というのは日本特有の文化で、国際的に見るととても奇妙な装いです。

女性部下に好かれるクールビズは「自分が涼しい服」ではない! シャツは男性の被服の歴史からいうと「下着」のカテゴリーに入ります。下着の定義とは、他人が不快に思う可能性があるものを見せないことです

 どうしても半袖シャツを着たいなら、人前ではジャケットを脱がないことを推奨します。もし、「半袖シャツ+ジャケットなし+ノーネクタイ」を実行したいならば、「社外には絶対出ないと決めている時!」くらいに思っていただきたいですね。

 残念ながら、半袖シャツにスラックスのみという姿は、周りからはあまり美しいとは感じられないことのほうが多いのです。社内でも、ミーティングなど人と長時間対面で話す予定がない場合が望ましいでしょう。

 また、長袖シャツをジャケットなしで着用する場合は、ぜひ「サイズ感」を大切にしていただきたいですね。特にダボッとしがちな腰回りには気をつけていただきたいものです。

 いくらクールビズといっても、やはり「長袖シャツ+アンタイド(ノーネクタイ)+ジャケット」というスタイル以上にはカジュアルにならないほうが、どんな人からも好感度が高いように思います。