世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著がいよいよ8月8日にリリースされるという。聞けば、BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説したとか。
世界情勢が混迷を深める中、「世界はどうしてできたのか、また世界は何でできているのか?」「人間はどこからきて、どこへ行くのか、何のために生きているのか?」という根源的な問いへの答えが見えにくくなっている。なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、原稿を読んだ某有名書店員が激賞する『哲学と宗教全史』。8月10日に大阪・梅田で講演会が開催される出口治明氏を直撃した。(構成・藤吉豊)

世界はどうしてできたのか、
世界は何でできているのか?

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。おもな著書に『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」I・II』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『人類5000年史I・II』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇』(文藝春秋)など多数。

――出口学長は、8月8日に発売される新刊『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)の中で、「はるか昔から人間が抱いていた問いかけは、『世界はどうしてできたのか、また世界は何でできているのか?』『人間はどこからきて、どこへ行くのか、何のために生きているのか?』の2つの要約できる」と述べています。
この「問い」の答えは、出ているのでしょうか。

出口:最初にこの問いに答えたのは、宗教でした。次に哲学が台頭してきて、やがて哲学から派生した自然科学が生まれました。
自然科学の中でも、とくに宇宙物理学や脳科学が発展したことで、2つの問いに対する答えは、大枠では、明らかになっています。

「世界はどうしてできたのか」を「宇宙はどうしてできたのか」と置き換えてみると、宇宙の誕生はビッグバンで説明できます。
ビッグバンによって宇宙の膨張が始まり、やがてさまざまな物質やエネルギーが集まって星が誕生しました。
星が一生を終えると超新星爆発が起こって、星のかけら(編集部注:宇宙を構成する物質やエネルギー)が四方八方に飛び散ります。この星のかけらが集まって地球が生まれ、生命が誕生し、人間が生まれました。

――地球も人間も、星のかけらからできているわけですね。「どうしてできたのか」の答えはビッグバンであり、「何でできているのか」の答えは、星のかけらだと。

人間はどこからきて、
どこへ行くのか。
何のために生きているのか?

出口:そうです。次の「人間はどこからきてどこへ行くのか、何のために生きているのか?」という問いにも、答えは出ています。通説では、人類の祖先、ホモ・サピエンス・サピエンスは、約20万年前に東アフリカの大地溝帯(だいちこうたい)で誕生しました。
そして、今から10億年ぐらい経てば、太陽の膨張によって地球の水は枯渇して、全生物が死滅へ向かうことがわかっています。

――東アフリカで誕生し、最後は地球とともに全滅すると……。では、何のために生きているのか、の答えは?

出口:人間も動物ですから、次の世代を残すためです。動物は、次の世代を育てたら死んでいくケースがほとんどです。
シンプルに述べれば、動物や人間は「次の世代のために生きている」ということになります。