世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著がいよいよ8月8日にリリースされるという。聞けば、BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説したとか。
なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、原稿を読んだ某有名書店員が激賞する『哲学と宗教全史』。8月10日に大阪・梅田で講演会が開催される出口治明氏を直撃した。(構成・藤吉豊)

哲学と宗教は、
世界のすべてを
理解するための教養である

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。おもな著書に『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」I・II』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『人類5000年史I・II』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇』(文藝春秋)など多数。

――8月8日に、新刊『哲学と宗教全史』(ダイヤモンド社)を上梓されると聞きました。なぜ、今、哲学と宗教を同時に学ぶ必要があるのでしょうか?

出口:それは、世界を丸ごと理解するためです。今の時代は、知識があまりにも細分化されていて、全体の流れや枠組みがどうなっているのか、わかりにくくなっています。
あらゆるものがタコツボのように孤立しているので、世界をトータルに理解するのがけっこう難しいと思うのです。

人類の悠久の歴史をひも解いてみると、世界を丸ごと理解しようとチャレンジした無数の哲学者がいたことに気づかされます。
哲学者になった僕の友人に、「なぜ哲学を専攻したのか」と尋ねたところ、彼は「世界のすべてを考える学問という点に惹かれた」と答えました。

哲学者と同じように、病や老い、死について恐れおののく人々を丸ごと救おうとした宗教家もたくさんいます。人々を救うために、彼らは、「世界はどうなってるのか」を理解しようと努めました。
哲学と宗教は、方法論に違いはあっても、どちらも世界のすべてを理解しようというところからスタートしています。

「哲学と宗教には大きな違いがあるのではないか」とか、「哲学だけでいいのではないか」と思われるかもしれませんが、イブン・スィーナー(980-1037)、トマス・アクィナス(1225頃-1274)、カント(1724-1804)などの偉大な哲学者は、哲学と宗教の関係を紐解くことに精力を注いできました。
歴史的事実として、哲学と宗教は不即不離の関係にあります。だから、同時に、一緒に学ぶ必要があるのです。