クラシック・ミニとMINIが欧州から大集合 インターナショナルMINIミーティングは1978年にドイツで始まった Photo:BMW/MINI

クルマのミーティングとしては世界最大規模
インターナショナルMINIミーティング

 8月8日~11日、英国の港町、ブリストルに欧州各国のMINIが大集合した。クルマのミーティングとしては世界最大規模といわれる、インターナショナルMINIミーティング(IMM)が開催されたのである。7月にはギリシャのアテネを出発してブリストルを目指す“ロード・トゥ・IMM19”(IMM会場を目指す4000kmのツアー)がスタート。ブリストル出身のアーティストがペイントした2台のクラシック・ミニが、このツアーを彩った。

 イベント会場内はスペアパーツやアクセサリーの即売会、ライブなど、盛りだくさんの内容だった。

 イベント会場に詰めかけたモデルは、クラシック・ミニから最新のMINI、MINIの60周年記念車。そして今年11月から生産が予定されているピュアEVのクーパーSE(3ドアがベース、最高出力135kW)が展示された。