【ロチェスター(ニューハンプシャー州)】2020年米大統領選で民主党の候補指名を目指すジョー・バイデン前副大統領は9日、ドナルド・トランプ大統領は弾劾されるべきとの見解を表明した。  バイデン氏はニューハンプシャー州ロチェスターで支持者に対し、トランプ氏は大統領就任の「誓いを破った」と述べた。  これまで明確に弾劾を訴えることはなかったバイデン氏だが、この日は議会による弾劾訴追を求める理由を説明。トランプ氏は議会の調査への協力を拒んで司法妨害を行い、国民の面前で弾劾に値する行為に及んだと述べた。