毎日、なんとなく同じメイクをしていませんか? そのやり方、本当にあなたの顔を美しく見せてくれていますか? もし、ちょっとよくわからない……と思ったら、ぜひこの方法を試してみてください。人の顔には、顔立ちや年齢にかかわらず、「ここをこうすると誰でも美しく見える」という、共通したポイントがあります。そのポイントを踏まえてメイクすることで、どんな人もまるで「すっぴんが美人」であったかのように美しく見せることができます。モデル・女優が「ここぞ!」という仕事で頼りにするメイクアップアーティスト・佐伯裕介が、どんなナチュラルメイクの日でも必ず美人に見せられる、メイクのコツを分かりやすく紹介します。

アイシャドウは、「横長の四角」に入れる

 アイシャドウは、アイホール全体に丸く入れる方法が一般的。ですが、丸ではなく「横長の四角」で入れると、仕上がりは格段に美しくなります。

© 岩澤高雄(The VOICE)
拡大画像表示

 ナチュラルメイクにおけるアイシャドウの役割とは、「まつげの影」。まつげの生え際からまぶたに向かって出る影を描き、目元の彫りを演出するものです。影は、生え際から近いところが最も濃くなっていると、目が自然に大きく見えます。ところが、まぶたに丸くアイシャドウを入れると、思ったより丸が大きくなって、濃い影が広がりすぎてしまいがち。すると、目元がくぼんで見えたり、眉からまつげまでの間がフラットに見えたりしてしまうのです。

 そこで、アジア人の女性が誰でも簡単かつきれいに目元をつくれる方法として考えたのが、横長の四角です。

 丸く入れたときにはあまり塗れない、目頭と目尻の際にきちんと色が入ることで、アジア人の目元に必要な横幅を出せます。四角といっても、ブラシを動かせば境界線は自然にぼかされるので、不自然に角ばった形にはなりません。

 入れるときは、目尻側と目頭側の両方から、それぞれブラシを水平に動かします。こうするとまぶたの両脇が自然と濃くなり、目の立体的なカーブが感じられます。二重の幅から眉までの間に目立つ色素沈着がある場合は、あらかじめコンシーラーでカバーしておきましょう。

自分のままで圧倒的に美しい』では、アイシャドウを入れる際の具体的なプロセスや、アジア人の目を美しく見せてくれるアイシャドウの色、おすすめのブランドや色名なども、写真つきで分かりやすくご紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。