プロ野球誕生以来、最も多くの
選手を球界に送り込んだ「5校」とは?

第5位 龍谷大平安高(京都府) 61人
 
 龍谷大平安高は、年配の方には「平安高」という名称の方が馴染みがあるだろう。龍谷大平安高と改称してからも2014年選抜では優勝するなど、戦前の平安中の時代から現在まで、一定の数をプロに輩出し続けている。

 古くは衣笠祥雄(広島)、現役では炭谷銀仁朗(西武)や酒居知史(ロッテ)らがOB。

第4位 広陵高(広島県) 66人

 第4位は、一昨年夏の甲子園で準優勝した広陵高。今年の指名はなかったが、昨年には1人プロ入りしている。

 同校もやはり戦前からの名門だが、プロ入りに関しては平成以降の方が勢いがある。中村奨成(広島)はじめ、21世紀以降だけで7人がドラフト1巡目で指名されるなど、中井哲之監督の育成力には定評がある。OBは広島が多く、現役では野村祐輔(広島)、有原航平(日本ハム)など。

第3位 横浜高(神奈川県) 67人

 ここまで紹介した高校が、戦前からプロに人材を送り込んでいるのに対し、横浜高は戦後に創部した学校で、当然プロ入りしたのもすべて戦後。しかも、この67人のほとんどは渡辺元智前監督が育てた選手で、渡辺監督はおそらく日本で最も多くのプロ野球選手を育てた監督であろう。愛甲猛(ロッテ)、松坂大輔(ソフトバンク)など、高校野球史に名を残す選手も多い。