毎日、なんとなく同じメイクをしていませんか? そのやり方、本当にあなたの顔を美しく見せてくれていますか? もし、ちょっとよくわからない……と思ったら、ぜひこの方法を試してみてください。人の顔には、顔立ちや年齢にかかわらず、「ここをこうすると誰でも美しく見える」という、共通したポイントがあります。そのポイントを踏まえてメイクすることで、どんな人もまるで「すっぴんが美人」であったかのように美しく見せることができます。モデル・女優が「ここぞ!」という仕事で頼りにするメイクアップアーティスト・佐伯裕介が、どんなナチュラルメイクの日でも必ず美人に見せられる、メイクのコツを分かりやすく紹介します。

眉ブラシを大きくすると、上手く描けるようになる

 普段ほとんどメイクをしない人が、眉をきちんと描いただけで、驚くほどきれいに若々しく見えることがあります。眉はそのくらい、顔の印象と顔立ちを決める重要なポイント。そして、メイクに関するご相談を特に多くいただくところでもあります。「なんとなく自己流で描いているので不安」「トレンドの眉にする方法がわからない」……こうした眉メイクのお悩みを、『自分のままで圧倒的に美しい』でご紹介する描き方なら、ほぼ解決できるはずです。

まず、皆さん何で、眉を描いていますか?普段の眉メイクについて聞いていて思うのが、眉がうまくいかないという人は、今使っているブラシが小さすぎるのが原因かもしれないということ。

 僕は、アイブロウパウダーで眉を描きますが、あのケースについている小さなチップやブラシできれいに描いて、自然に仕上げてほしいと言われたら、正直かなり難しいと思うのです。眉尻など細かいところを仕上げるためにはいいのですが、それで全体を描こうとすると、手数が増えて時間もかかるうえ、仕上がりがまだらになりがち。

 そこでおすすめしたいのが、大きめのアイブロウブラシです。僕が普段使っているのも、幅が1センチ強とやや大きめのもの。ブラシを大きくするだけで、簡単に、眉を手早く描けるようになります。

photo by 岩澤高雄(The VOICE)

 選ぶときのポイントは、毛足が短くて固いものを選ぶこと。チークブラシのように粉を軽く、ふんわりとのせたいときには長くてやわらかいものが適していますが、しっかり発色させたい場合は、短くて固いもののほうがテンションをかけやすいからです。大きめのアイブロウブラシは、時短効果も抜群。忙しい朝にも役立つので、ブラシを替えてみるのはとてもおすすめです。

 『自分のままで圧倒的に美しい』では、描き方のプロセスを写真付きでわかりやすくご紹介しています。髪の色に合わせたアイブロウパウダーの選び方や、プチプラなのにおすすめなブランドや色名など、具体的に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。