縁あって田舎暮らしをしてみました
写真はイメージです Photo:PIXTA

縁あって2年間限定で東京近郊の「田舎」に住み始めた筆者。妻と乳飲み子、猫1匹が一緒である。筆者はこれまで都会でしか過ごしたことがなく、「どうなることやら」と一抹の不安を覚えていたのだが……はてさて!?(取材・文/フリーライター 武藤弘樹)

都会人が憧れる田舎暮らし
その実態を見極める

 暮らす場所を検討する時、大分類として都会と田舎の2つが比較されやすい。この“都会”と“田舎”は記号のようなもので、都会は「なんでもあるがせわしない」「人は多いが地域のつながりは薄い」、田舎は「刺激は少ないがのんびりできる」「人が少ない分、地域のつながりが濃い」といった印象で語られている。

 過去数年分の日本経済(日経)新聞を見渡すと、時折“田舎暮らし”をトピックにした記事が掲載されてきていて、今年も「もう『東京』に縛られない 都会・田舎の2拠点生活」というタイトルの記事が見られた。

 日経新聞の読者なら多くが日本経済をバリバリ回している人であろうと推測され、すなわち日々忙しくしている人種であろうから、田舎暮らしの記事は興味深く読まれるはずである。何しろ都会に暮らしていると田舎が、牧歌的な原風景が持つ郷愁のような魅力を放って胸に迫ってくるのである。都会に暮らす人は都会から田舎に旅に出て感じる解放感を、田舎に住めば常時感じることができるのではないかという気にさせられがちである。