AI時代に、大人が東大現代文を読むべき理由

 世は教養ブームですが、これさえ読めば教養の基礎固めは完璧だ、などという“魔法の一冊”は存在しません。ところが東大現代文を集めてみると、あら不思議!現代社会をポジティブに生きようとする私たち大人の知的栄養になる有益な一冊になるのです。テーマの表層ではなく根源を探る、「読書的価値が高い」文章で満ちています。

 東大現代文は、大人が“生きた教養”を獲得する上で最良のテキストです。東大からの「今読む価値のある本はコレだ!」「今考えるべきテーマはコレだ!」という提示です。しかも通常200ページ以上ある本の中で「イイところ3~4ページはココだ!」というメッセージといえます。巷で常識とされている考え方が本当に正しいのか、「知っている」とはどういうことを言うのか、本物の知性とは何かといったことにしっかりとした意識・自覚を持って欲しいという受験生への期待が反映されているのです。

 そういった本物の知性は、受験生だけでなくビジネスパーソンも身につけて損はないはずです。ぜひ、東大現代文で知的な読書習慣を体験してみてください。